2008年09月22日 杉並公会堂
2007年11月24日 杉並公会堂
2006年12月19日 四谷区民ホール
2005年11月 1日 四谷区民ホール
2004年10月13日 四谷区民ホール
2003年10月27日 四谷区民ホール
2002年9月26日 四谷区民ホール
2001年10月10日 JTアートホール「アフィニス・アンサンブル・セレクション」
2000年10月10日 四谷区民ホール

2005年11月 1日(火) 四谷区民ホール
協賛 パール楽器製造(株)
後援 DAC
パウエルフルートジャパン
フルート専門店  テオバルト
村松楽器販売(株)
山野楽器
ごあいさつ
   我々ザ・フルートカルテットは結成から8年が経過いたしました。当然ながら時間とともにメンバーにも様々な事があったようです。
 あるものは子供ができ、あるものはタバコをやめといった具合に。
 ところが、ザ・フルートカルテットとして変わらぬ事が2つあります。それはメンバーが同じであること。そしてカルテット形式以外でコンサートを行っていないという事です。つまりメンバー同士でデュオをしたりピアノを混ぜたりという事を一切していません。特に約束したわけではないのですが、いつの間にかそうなってしまいました。
 コンサートを多彩にするために他の楽器を入れようという話が出たことはありますが、お金がかかるからやめようという事になったような…
 こうなったら徹底的に4人にこだわってみようかしら…
 本日はごゆっくりお楽しみください。
                           柴田 勲
プログラム
デュボワ : カルテット
ロッシーニ : セミラーミデ序曲
デポルテ : イタリア組曲
 〜 休憩 〜
レスピーギ : リュートのための古代舞曲とアリア 第3組曲
シュテーン ベリー : フルート・インディード
ドビュッシー : 小組曲



 曲目解説

デュボワ : カルテット

 ピエール・マックス・デュボア(1930〜)はフランス人、作風はフランス・フルートアンサンブルならでは?のクラシカルなもの。「祭り」「パスピエ」「哀歌」「タンブーラン」の4つの舞曲で構成されています。K隊員個人的には2曲目が好き。

ロッシーニ : セミラーミデ序曲

 必ず入社試験に出てくるセミラーミデのピッコロ・ソロ。でも、ステージで吹いたことは、実はないのです。序奏部のホルンのアンサンブルが美しい、こういうのばっかり吹いていたら幸せなのになぁ。3段階の「ロッシーニ・クレッシェンド」を2段階短縮してある以外は原寸です。

デポルテ : イタリア組曲
 イヴォンヌ・デポルテはフランスの女性作曲家。この組曲は陽光あふれる地中海の情景そのまま!吹いていてこれほど楽しく景色のいい作品はほかにはありません。各楽章には「ローマ:鐘」「フィレンツェ:花」「ヴェネツィア:鳩」「ナポリ:漁」とタイトルが付いています・

レスピーギ : リュートのための古代舞曲とアリア 第3組曲

 レスピーギは5年前にアレンジした作品ですが、オリジナルの弦楽5部をほぼそのままカルテットに「移した」だけで、こういうのを「トランス」というそうです。JASRACの編曲審査委員会では編曲作品として認められませんでした。ヴィオラはアルトフルート、と徹底して書いたため、1楽章の最後がエラいしんどくなりました。気合と替え指。

シュテーン ベリー : フルート・インディード

 カルテットのほかにトリオもあるヒップ・ヴァン・シュテーン(1955〜)のフルートアンサンブル、このゆるい感じがなかなかです。各曲に英語とオランダ語のタイトルがありますが、二つの意味は一致しません。それでなくても意味不明なタイトル(英語のみ)は「ラッキー・ルーク」「軽薄なヤツ」「ベリー・フルート・インディード」「To B or not to B Sharp」「トルコのロンド」「ドレッシング・ドラムスティック」。なお2曲目の「ロックン・コレステロール」は割愛します。(日本語訳文責K隊員)

ドビュッシー : 小組曲

 アレンジする上で一番重要なのは選曲です。自分が書きたいものと自分で上手く書けるものが一致すると、シェーラザードのように一日で書いてしまいます。小組曲は難産でした。1曲目に数ヶ月かかりましたが、苦労したかいがあって今では一番の稼ぎ頭、累積販売部数No.1です。一家に一冊ぜひどうぞ。


2008年09月22日 杉並公会堂
2007年11月24日 杉並公会堂
2006年12月19日 四谷区民ホール
2005年11月 1日 四谷区民ホール
2004年10月13日 四谷区民ホール
2003年10月27日 四谷区民ホール
2002年9月26日 四谷区民ホール
2001年10月10日 JTアートホール「アフィニス・アンサンブル・セレクション」
2000年10月10日 四谷区民ホール



メ−ル 4flutes@mail.goo.ne.jp


Copyright(C) 2004-2009 THE FLUTE QUARTET. All Rights Reserved.