2008年09月22日 杉並公会堂
2007年11月24日 杉並公会堂
2006年12月19日 四谷区民ホール
2005年11月 1日 四谷区民ホール
2004年10月13日 四谷区民ホール
2003年10月27日 四谷区民ホール
2002年9月26日 四谷区民ホール
2001年10月10日 JTアートホール「アフィニス・アンサンブル・セレクション」
2000年10月10日 四谷区民ホール

2002年9月26日(木) 四谷区民ホール
協賛 パール楽器製造(株)
後援 DAC
パウエルフルートジャパン
フルート専門店  テオバルト
村松楽器販売(株)
山野楽器
ごあいさつ

   早いもので我々「ザ・フルートカルテット」は、結成以来5年が経過致しました。結成当初は「4人で楽しく遊びましょう」的なノリだったのですが、5年の間に全国各地でコンサートをやらせて頂き、CDも2枚製作するに至りました。これも皆様のご声援のおかげと、感謝する次第です。

 ところで、アンサンブルをやって行く上で最も大切な事は何でしょうか。音程?音色の融合性?色々あるでしょうが、私は「継続」にあると考えます。同じ人間で長い時間活動を続けて行くという事は、良い意味でも悪い意味でも”慣れ”が生じてしまいます。良い意味というのは「味」であり、悪い意味というのは「妥協」といった所でしょうか。「妥協」に関してはメンバーで補い合う事が出来ますが、「味」に関してはやはり長い時間を要するようです。という事は「味」を出す為にはどうしても継続が必要なのです。では継続には一体何が必要なのでしょうか。私は「尊重」ではないかと考えています。例えば、演奏面において欠点は誰にでもあるのです。そこを指摘し合う事も大切なのでしょうが、優れた面を尊重する事の方がより重要かもしれません。「継続は力なり」という言葉通りに、継続には未知なる可能性が秘められている様に思えてなりません。

 ザ・フルートカルテットはまだ5年です。アンサンブル団体としてはまだまだ駆け出しと言っていいでしょう。何年か、何十年かの味へ向かって。
柴田 勲
プログラム
ジャック・カステレーデ 笛吹きの休日
ルイージ・ジャネッラ カルテット ト長調 Op.52
ジャン=ミシェル・ダマーズ カルテット
 〜 休憩 〜
アントニン・ドヴォルジャーク スラヴ舞曲 変イ長調 Op.46-3
ヨハネス・ブラームス 交響曲第1番より第2楽章
ピョートル・チャイコフスキー 弦楽のためのセレナーデ ハ長調 Op.48
   (後半の3曲 神田寛明編曲)


 曲目解説

カステレーデ 笛吹きの休日

 20世紀フランス管楽器作品の特徴とも言える「新古典主義」。言い換えれば「調性がある」。もっと噛み砕くと「キレイ」「心地よい」「でも適度に難しい」「いや、すごく難しい」。ボザ、ベルトミューなどと並んでジャック・カステレーデ(1926〜)のアンサンブル作品も多くの笛吹きがお世話になっている。「笛吹きのパストラール」「笛吹きの楽しみ」「夢見る笛吹き」「軽快な笛吹き」の4楽章構成。3重奏としても演奏できるように書かれていて、4番フルートはオプションの指定がある。音符の少ない4番フルートが、休日を満喫できる?

ジャネッラ カルテット ト長調 Op.52

 1790年にミラノ・スカラ座のフルーティストとして契約したということだから1778年という生年にはやはり?が付く感じ。1800年パリに移りオケマンの傍ら作曲家としても活躍、オペラやバレエも上演されたらしい。いずれにしても資料が少なく不明な点が多い。 第2楽章はパイジェッロの有名な「うつろな心(Nel cor piu)」による主題と変奏。本日使用の楽譜はジャネッラ存命中に出版された初版譜に基づいたもの(Universal版)だが、その初版譜が・・・・・・・・、なのである。いっぱい手を入れちゃいました。

ドヴォルジャーク スラブ舞曲 変イ長調 Op.46-3

 スラヴ舞曲集は個人的に大好きなので、ここ3年ほど全16曲を順不同にアレンジしている。打楽器がソリスティックに活躍するものはアレンジが難しい(どちらかといえば不向き)のだが、いずれ全曲作ってしまうのではないか、という期待(アレンジャー)と不安(それを吹かされる他のメンバー)が入り交じる今日この頃。

ブラームス 交響曲第1番より第2楽章

 4曲ある交響曲を順番に検証すると、楽器の進歩と共にフルートパートの最高音がちょっとずつ上がっていったことがわかる。当時この交響曲は「ベートーヴェンの第10交響曲」と絶賛されたが、ベートーヴェンと同じく、ブラームスも楽器と奏者の性能の限界が要求され、シビアでキツいのだ。まして毎度毎度のワシらのアレンジ、ムチャキツいのだ(そうだ)。 フルートのための作品を残さなかった大作曲家の作品を、どうしてもフエ吹きである我々も吹きたい!!と思い余っての快挙(暴挙?)。

チャイコフスキー 弦楽のためのセレナーデ ハ長調 Op.48

 作った楽譜がスコア20ページ、パート譜最大14ページ。いずれも過去最大最長最多音符数。当日はブラームスの後、長いお休みをいただくことになりますが、どうか御了承下さいませ。司会者もあまりしゃべりません。(最近TVでお馴染のテーマですが、お電話はコンサート終了後にお願いします)

2008年09月22日 杉並公会堂
2007年11月24日 杉並公会堂
2006年12月19日 四谷区民ホール
2005年11月 1日 四谷区民ホール
2004年10月13日 四谷区民ホール
2003年10月27日 四谷区民ホール
2002年9月26日 四谷区民ホール
2001年10月10日 JTアートホール「アフィニス・アンサンブル・セレクション」
2000年10月10日 四谷区民ホール



メ−ル 4flutes@mail.goo.ne.jp


Copyright(C) 2004-2009 THE FLUTE QUARTET. All Rights Reserved.