2008年09月22日 杉並公会堂
2007年11月24日 杉並公会堂
2006年12月19日 四谷区民ホール
2005年11月 1日 四谷区民ホール
2004年10月13日 四谷区民ホール
2003年10月27日 四谷区民ホール
2002年9月26日 四谷区民ホール
2001年10月10日 JTアートホール「アフィニス・アンサンブル・セレクション」
2000年10月10日 四谷区民ホール

2003年10月27日 四谷区民ホール
協賛 パール楽器製造(株)
後援 DAC
パウエルフルートジャパン
フルート専門店  テオバルト
村松楽器販売(株)
山野楽器
ごあいさつ

  数年前からポップス界ではア・カペラブームとやらで、ツインボーカルや数名のグループの台頭が目立つようになりました。この事は、メロディーばかり追いかけていた人々がハーモニーにも目を(耳を)向け始めたと言えるでしょう。

 メロディーが音楽の主役である事は間違いないのですが、綺麗に響くハーモニーにはまた特別な美しさがあります。フルーティストは本来メロディー屋なのですが、私はこの美しく単純な三和音が根源的な響きのように思えてなりません。アンサンブルをする上で音楽的ないわゆるやり合っている状態も楽しいのですが、ハーモニーを構築していく調和の方により魅力を感じます。

 ところがこのハーモニーというやつ、非常に難しいシロモノでなかなか綺麗に響いてくれません。私が考えるに音程が揃っている事は言うに及ばず、重要な点はバランスと音色ではないでしょうか。音程は目に見えますがバランスは感覚の世界、音色に至っては本当に感性の世界。結成7年目を迎えた私たちの世界、どうぞ御堪能下さい。
柴田 勲
プログラム
フォスタン・ジャンジャン スキー・シンフォニー
マルク・ベルトミュー アルカディー
ジャン=ミシェル・ダマーズ カルテット
 〜 休憩 〜
クロード・ドビュッシー(神田寛明編曲) ベルガマスク組曲
アントニン・ドヴォルジャーク(神田寛明編曲) スラブ舞曲集より 
     ハ長調  Op.46-1, ホ短調  72-2, へ長調  46-4, イ長調 46-5


 ここ数年の「定期公演」は、ある一定の法則に基づいてプログラムを組んでいる。前半にオリジナル作品、後半にアレンジ作品が並んでいるのだが、要するにアルト・バスを使用する作品は後半に持ってきていることになる。

 普段から吹いているピッコロは別として、フエ吹きにとってより大きな楽器へと持ち替えるほうがムリがなく、その逆はとてもキツイのだ。ちょっと一服、の休憩も重要。

 プログラム個々の楽曲の解説は、CD「ARCADIE」にキチンと書かれているのでここで繰り返す愚は犯さない。どうかお手にとって(そして所定の手続きを経てお持ち帰り)下さいませ。

 スキー・シンフォニー、世界初録音では??と意気込んだものの、真相はよくわからない。幼少期よりスキーを履いて育った相澤(宮城)大村(北海道)両名の華麗なるシュプールに御注目。筆者(神田、横浜)は中間部にどうしても「南国」をイメージしてしまうのだが、スキー未経験者の故か?(柴田は岡山)

 アルカディーは、前作CD「CHATS」に続いてのベルトミュー作品だが、やはりフルート・アンサンブルの世界では欠かせない作曲家。「よっつのふえ」時代の1999年、1枚目のCD発売時のコンサートでも演奏している。その時の担当パートは1番から順にA,O,K,S。

 ダマーズ、これは掛け値なしの難曲。オケ吹きにとって例えば「春の祭典」など、もはや難曲でも何でもないが、これを指揮者なしでやれ、と言われれば途端に演奏不可能だ(普段指揮者を見てはいないのだが、でもそうなるであろう)。単純でのどかなフレーズの親しみやすいこの曲の、ウラには「春祭」なみの仕掛が隠されている。

 「ARCADIE」のライナーノーツでも指摘されているが、ドビュッシーやラヴェルなどの近代ピアノ作品を編曲する際、意識的にバスフルートを用いないようにしている。やはりバスフルートには他のフルートとは異なる音色の「特殊楽器」との認識がある。だがバスフルートを用いないことによる「代償」もあるわけで、「あと半音!」のためにFis足(C管フルートのH足部管に相当する)を作ってしまった。音域の拡大だけでなく中音域右手の音色とレスポンスが非常に均一になり、裏技を駆使しなくてもその音域が確実に吹けるようになり効果絶大。ただし重量超過。右手腱鞘炎注意。

 ドヴォルジャークはここ数年急に好きになった。特にスラヴ舞曲は最高!趣味として書き溜めていたが、演奏するにはプレーヤーにトライアスロン的負担を強いるため、親愛なる我がメンバーには内緒にしていた(つもり)。まさか4曲まとめてとは、思ってもみなかった。C-durとA-durは今回書き下ろし。F-durは長らく御蔵入りしていたもの。e-mollの初演は2001年10月、JTアートホール。

2008年09月22日 杉並公会堂
2007年11月24日 杉並公会堂
2006年12月19日 四谷区民ホール
2005年11月 1日 四谷区民ホール
2004年10月13日 四谷区民ホール
2003年10月27日 四谷区民ホール
2002年9月26日 四谷区民ホール
2001年10月10日 JTアートホール「アフィニス・アンサンブル・セレクション」
2000年10月10日 四谷区民ホール



メ−ル 4flutes@mail.goo.ne.jp


Copyright(C) 2004-2009 THE FLUTE QUARTET. All Rights Reserved.