いままでお寄せいただいた質問にメンバーがお答えするコーナーです。
フルートについて、アンサンブルについて、メンバーのことについて、編曲のことについてなど、多くの質問を随時募集しています。

お気楽に質問してください。質問は『メンバーに質問する』のアイコンをクリックしてください。





(投稿していただいた質問です)
Q
こんにちは。 音楽高校フルート科1年生の者です。 プロの方々がされるあの空気を丸呑みするような呼吸はどのようにしていらっしゃるのでしょうか?  Iさんより
A
呼吸や支えはフルーティストにとって永遠の課題かもしれません。自分もより良い呼吸が出来るように日々イメージしています。一つ言えるのは、吸うときにアゴの下や喉、肩の辺りに力が入っていてはいけないと思います。
 (相澤政宏)
丸呑みは後にしてまずこれを憶えてくれ!!「ブレスは鼻から」笛吹きで息があまって困る人、絶対いないはず。我々はいつも息が足りないわけで、その問題を解決するためにも「常に満タンまで吸う」習慣を身につける必要がある。それには正しい呼吸法が必要。息を吸う際の身体の動きには二つの方向がある。横隔膜が下がる「腹式呼吸」。鎖骨を支点に肋骨が前方斜め上に動く「胸式呼吸」。この時肩が上がらないように注意する。いずれにせよ呼吸はゆっくりやる。早く吸うと筋肉やのどに余計な緊張が生まれ満タンまで吸えない。ゆっくり吸うためには「小さな穴」を使うのが理想で、それは口ではなく鼻なのだ(もう一つ、口から吸うとむせることがある)曲の最初、長い休みがある時はすべて鼻で吸う。1小節の時間をかけてゆっくり満タンにする習慣をつけてほしい。全身をリラックスさせて深く多く吸うことをマスターしてのどを充分に開くことが出来たら「丸呑み」も出来るはず。音をさせないでブレスするやり方を追求してくれ(医学的っぽい記述は、すべてカンダ=音楽系大学院修了=の考えです。医科系大学受験、もしくは医師国家試験を受ける方はこの通りに回答しないで下さい)
 (神田寛明)
丸呑み!面白い表現ですね。基本的には、アンブシュアを作るにあたって、変な力を加えず、喉を常にゆったり開いておくことで、息の通り道を広くしておくことと、呼吸に必要な身体の中の筋肉の柔軟性と強さを獲得することです。言葉にすると簡単ですが、特に身体を作るのには、ある程度長い年月がかかります。一応、補助的なトレーニング機器として、こんなのもありますが・・・
http://www.entry-japan.com/j/powerb/
 (斎藤和志)



Q
毎年すばらしい演奏を聴きに杉並公会堂に伺っています。 先生方は、暗譜はどのようにされていらっしゃるのですか? よく、譜面を写真のように記憶する、音を諳んじて覚える、写譜して覚える等聞きますが、先生方が行っている、効果的な方法、短期間で覚える方法等ございましたら、ご教授ください。  Mさんより
A
暗譜は残念ながら不得意です。良い方法があれば教えてもらいたい位ですが(笑)
人によってその人に合った方法があるようで、それぞれ違いそうですね。
 (相澤政宏)
脳味噌写真焼付法、が理想だと岩城宏之氏が著作に記していた。かつてカンダは諳んじて、だった。たくさん練習する間にいつのまにか憶えてた。今は理屈で憶える。第2主題属調、終止カデンツ繰り返し過ぎて展開部、ディミニッシュ踏みつけて再現部、2度目は主調、コーダに注意、最後は3回じゃんじゃんじゃん。とかね。ロンド形式だとちょっと面倒。この憶え方は耳にかなり頼る面もありやや危険。関係ないけどカンダは絶対音感あるので移調楽器のアルトフルート実は大変苦手。
 (神田寛明)
暗譜は得意な人とそうでない人がいます。一般的には、絶対音感を持っている人は暗譜が早い傾向にある気はします。方法としましては、基本的には、音楽の流れ、音そのものの記憶で覚えておいて、それとは別に、譜面を写真的にイメージで覚える、具体的には、「何ページの、このあたりにこの主題があった」などと覚えておく二段構えの戦法が、イザというときに、アタマが真っ白になるのを防ぐことができます。特に、ロンド形式だのリトルネロ形式だの、同じような主題が何回も出てくるような危険な曲の場合に有効ですね。ですが、最終的なコツは結局、覚えるまで吹く!これにつきますね。いっぺんに全部を覚えようとするよりは、部分部分を取り出して確実にしていくほうが多少、効率がいいですが、覚えよう!と思ってやる練習は疲れてしまいますので、気づいたら覚えてた、というのが理想ですね。ピアノやヴァイオリンに比べたら、笛の曲なんてもうチリ紙くらいの薄さだと思って頑張るしかないです。
 (斎藤和志)



Q
初めまして。神田先生の演奏はNHKでいつも拝見しております。フルートを吹き始めて30年程ですが、現在アマオケでフルートを吹いています。自宅で小品(ソロ曲)などをさらうときは、高音域もさほど気にならずに吹き通せるのですがオケの曲で、いきなり高音域の音で始まるパッセージ、それもppの指定がある場合に、どうしても出だしを吹き損じてしまうことがあります。自分自身でかなり緊張していることは自覚しています。息の使い方、お腹の支え、タンギングの方法、唇とエッジとの距離など色々と原因があると(複合している?)思われますが、何か良い克服方法・普段の練習方法などあれば是非、教えていただきたくお願い致します。 普段多用するタンギングは舌先を唇の外に出す(小さな種を飛ばすような)やり方です。 以上、長くなりましたが何卒宜しくお願い致します。  Kさんより
A
着眼点は素晴らしいと思います。ただ高音域のppで下を出したアタックは強すぎませんでしょうか?僕は口を閉じた状態からプッと出るときがあります。それから、支えが下過ぎると高音のピアノが難しくなる時があると思います。ロングトーンで自分の一番良いフォルテからディミニュエンドする練習は良いと思います。
 (相澤政宏)
ありがとうございます。モイーズを始め多くの教本に、タンギングは「舌先を唇の外に出す」と書いてあります。ですが、カンダはこのやり方は「特殊奏法」だと思っています。年に一度使い・・・ませんね、はっきり言って。だって「舌先を唇の外に出す」って、繊細な空気柱を作る「唇のトンネル」の断面をゆがめる行為じゃないでしょうか?邪魔ですよ、ベロが。唾も飛ぶし。ppのタンギングは「tu」よりも「pu」がオススメです。お試し下さい。
 (神田寛明)



Q
学生時代に吹奏楽を1年、大人になって吹奏楽・趣味で10年ぐらい吹いています。月に2回個人レッスンを受けていますが、今は年に1回の発表会のアンサンブルの練習をしています。ボアモルティエの五重奏曲を各パート2人で吹きますが、人数が足りなくなり、私は先生と一緒にfirstを吹くことになりました。1回通しで吹いたあと先生から、「ピッチが合ってないときはそのまま吹くのではなく、合わせて吹かないといけない。吹き方(8分音符の長さ)も違うのに自分の練習してきた吹き方で吹いて、先生の演奏を聞いて変えようとしていない。」と言われました。ピッチは常に気を付けようと思うのですが、合っているのか違っているのかよくわからなかったり、違っているようだけど高いのか低いのかいつも迷いながら吹いています。やはり耳が悪いということでしょうか。吹き方についても、どのように吹いたら良いのか良くわかりません。ただ、先生の演奏を必死に聞いてついて行こうとしていたので、全否定されて次のレッスンからどうしたらいいのかわかりません。フルートを吹くのが好きでずっと続けてきましたが、ピッチのことが常に不安で、先生や周りの方々に迷惑をかけるだけではないかとこれから続けていくかどうか迷っています。また、3拍子の曲が苦手のようです。長々となりましたが宜しくお願い致します。  Gさんより
A
ピッチの問題。やはり元々持っている音程感覚の善し悪しはあると思います。しかしながら感覚が鋭敏でないなりにも、苦労しながら少しずつですが感覚が良くなっていく事は出来ると思います。それにはやはり回数を重ねて経験を積むしかないと思います。(音程矯正のためにピアノなどの鍵盤楽器やチューナーの力を利用する事もよい方法です)音の長さの感じ方にしても経験していく事が大事だと思います。ちょっとずつ進歩していく自分を感じるのは嬉しい事だと思います。ただ、読んでいてちょっぴり同情してしまう部分もあります。音感が今一歩だとしても、好きで楽しんでやろうとして、そして付いて行こうとしているのに、あまりうるさく厳しく言われ過ぎるのは気の毒な感じもします。状況も分からずに勝手に言っているので失礼があるといけないのですが、あまりにも理不尽な叱られ方をするなら先生を替える方法も視野に入っていて良いかもしれません。
 (相澤政宏)
質問ありがとうございます。音楽教師は生徒の問題を指摘することが大切な仕事です。また音楽教師はサービス業とも言えます。アマチュアの方に対しては、音楽の楽しみを倍増三倍増出来るように精一杯のサポートをしているつもりです。もちろん先生だって完璧ではありません(カンダがそうです)我々プロでも音程や吹き方のニュアンスが合わないことは、都心を運転中に赤信号に遭遇する位の頻度で発生します。それを指摘するのもごく当たり前のことなので「言ったら傷つけちゃうかな?」なんていちいち考えません(考えたらやってられない)あなたの先生の態度はわかりませんが、多少ぶっきらぼうになったとしても気にしないこと。あなたは月謝を払っている「お客様」なのだから、不安に思うのは損ですよ。「合わない」のはお互い様なのです。互いに尊敬し合い真摯に努力する、これは教師も忘れてはならないことです。いつもエラそうですみません。これからもアンサンブルを楽しんで下さい。
 (神田寛明)
いやいやいやいや、大丈夫です、その程度で全否定などと言われてしまったら、私など毎日、指揮者やいろんな仲間から全否定され続けの人生ですよ!これはホントは内緒なんですが、演奏していて音程がいまいちわからないなんてことは、実はプロの間でも日常茶飯事であることなのです。 いっぺんに何でもかんでもできるようにと考えず、できることを少しづつやっていくのがコツです。チューナーを使って、いろいろな音量でまずは音程が針の真ん中付近にくるように工夫する練習と、練習を毎回必ず録音あるいは録画をしてみて、あとから聴きかえしてみて考える。この二つをこころがけるだけで、かなり改善されるはずですよ。
 (斎藤和志)



Q
フルート7年目の高校生です。吹奏楽部でフルートを吹いています。わたしはすごくピッチが高いです。吹き方が悪いのかな、とも思うのですが、6年間磨いてきた音です。この14万の楽器で出せるいい音だと思っています。どのくらい高いかというと、普段は5ミリ?8ミリ抜いてかなり音量を減らし細い息で吹いています。でもこれだと吹いててあまり満足できないんです。だからといって自分の吹きたい音量で吹くと+20以上高くなってしまいます。ピッチを下げたいのですが、アンブシュアは変えたくないというわがままな質問です。アドバイスお願いします。 Yさんより
A
5〜8o良いと思いますよ。アンブシュアを変えるべきかどうかは見てみないと分かりませんが、そのままの頭部管の抜き具合で歌口を少し広く取り(少し開ける)、口の中を広めにして、内側にスピードの早すぎないたっぷりした息を入れてみては如何ですか?上を向いて下に息を入れる感じ。こうすれば豊かな響きのまま、音程を下げられそうに思います。
 (相澤政宏)
はっきり言う、吹き方が悪い。アンブシュアを変えない限り何も解決しない。君が大切な楽器で6年間音を磨いてきた努力は高く評価する。でもそれとこれとは別。どこの音楽教室でもいいから、1回でもいいからプロの先生のレッスンを受けなさい。今すぐやる。部活を休んででもレッスンに行け!!
 (神田寛明)
アンブシュアを変えたくないというのが、どういうことかよくわかりませんが、フルートという楽器は、フォルテとピアノを同じ口の形で吹いてしまったら、絶対に音程が変化してしまうというやっかいな特性を持っています。つまり、ボリュームや音色によって、アンブシュア、口の中の形も含めて、形を「常に」柔軟に変化させていく必要があります。現状ではその動きが上手くいっていないために音程が合わないわけですが、それを改善するには、何かしら今までの奏法に工夫を加える必要があるのは間違いないでしょう。それをしたくない、というのであればこれ以上の上達は望めませんので、音程をとろうと思えば、常にメゾフォルテかメゾピアノでだけ吹き続ける、表現の幅の狭い奏者になってしまいます。
 (斎藤和志)



Q
フルートを吹くときの頭部管の向きを教えて下さい。頭部管の向きは内側ですか。 外側ですか  Mさんより
A
人それぞれだと思います。自分は内側にセッティングしてから楽器を外向きにし て、たっぷり内側に息を入れるイメージです。
 (相澤政宏)
歌口の穴に対する理想的な(よい音が出せる)空気柱の角度は頭部管の設計上決まっている、というのがカンダの考え。従って、空気柱が下向きな人は頭部管を内側にしすぎてはいけないし、前向きな人は外側にしすぎてはいけない。また歌口の設計、特にチムニー(ライザー)の手前と向側の高さが同じか違うかによっても楽器に対するBestな角度は違う。角度も大事だが、アパチュア(唇の先端)から歌口までの距離と、下あごの形や厚みも重要。これらはとても一言で結論づけられる問題ではない。それよりも持ちやすい胴部管の角度と、吹きやすい頭部管の角度は「互いに無関係である」とカンダは言いたい!
 (神田寛明)
これは角度だけではなく、唇からエッジからの距離も関係しますので一概に言うことはできませんが、内側で吹けば内側の音、外側で吹けば外側の音がしますので、使い分けることができます。通常は、その真ん中で演奏しますが、固定しているわけではありません。
 (斎藤和志)



Q
こんにちは。 頭部管のジョイント部分に細かい傷がたくさんあり、 とても気になります。 調べた所、ジョイント部分の傷は楽器の寿命を縮める、 などと書いてあったのですが、本当でしょうか。 この傷は修理に出すと消えますか? また、もし傷を消した場合、音色には影響しますか? よよろしくお願いします。  Tさんより
A
すみません、どの程度の傷か分からないので何とも言えませんが、本当に細かい傷ならそのままでも大丈夫に思えます。
 (相澤政宏)
傷がある、それが日々増えているのであれば即修理に出す。原因は頭部管ではなく胴部管かもしれない。傷を消せるかどうか、音色への影響などは修理のプロに相談する。すぐやる。
 (神田寛明)



Q
質問なんですが…私は宮城県の高校3年です。吹いてる時に息漏れ音がするんです…(T_T) あと私出っ歯なので吹いてる時、息が下に向いてるんです。これも息漏れ音の原因ですか? アドバイスお願いします。
A
出っ歯だとしても歯並びが悪くなければそんなに問題ないと思いますが、一本一本の並び方が悪ければ少し影響があるかも知れません。「音」そのものを時間の止まった「音」として意識するのではなく、息の流れに乗っかった音として意識してみてください。気になるようでしたら「根気強く!」ディミニュエンドの練習をしてみてください。
 (相澤政宏)
出っ歯と息漏れの関係は、あなたを実際に観察しないとわからない。ただ出っ歯でもちゃんと吹けるはずだ。プロのレッスンを受けなさい。
 (神田寛明)



Q
高い音を出すときに「シューシューッ」 っていう音が聞こえて音色がとても汚いのですがどうすれば直るでしょうか? Nさんより
A
フルートは空気そのものを振動させる楽器で、息の半分は外に出ていきます。ですから風の音がしない事は無いように思います。人の演奏を聴いていると、この風の音が息使いとして素敵な個性と音楽を醸し出してくれます。すぐ近くだけで自分の音を判断せずに、少し離れたところに自分の耳があるイメージで聞いてみてください。少し自分の音に対するイメージが変わるかもしれません。とはいえ、今の状態で息が続きにくかったり、音の跳躍がとても苦手だとかであれば改善する必要があります。僕はハーモニックスをピアノの音量で練習する事をお薦めします。
 (相澤政宏)
直そうと思うこと。理想のキレイな音をいつもイメージすること。プロの先生にレッスンを受けること。
 (神田寛明)



Q
はじめまして。 ホームページをとても興味深く拝見させていただきました。 早速ですが質問させていただきます。 ピッコロについてなのですが、今まで何度かピッコロを吹く機会があり、自分の耳ではある程度きちんと鳴らすことが出来ていると思っていました。しかし演奏会の音源を聴いてみると、自分の吹いているピッコロの音がほぼ聴こえてこないのです。今までのどの演奏会でも同じでした。 録音時の環境なども考えましたが、他の方が吹いているピッコロの音はちゃんと聴こえるので原因は私にあることは確かなのです。 自分の奏法に問題があると思うのですが(内吹き気味で響きが制限されているのかもです)、基本的な奏法やコツを教えていただければ幸いです。また、素材による響きの差も考えたのですが、ホールで演奏する場合にはどの程度影響があるのでしょうか。 ちなみに、愛用のピッコロはヤマハYPC-62をマスターズでチューンナップしたもので、他の方はハンミッヒとパールのピッコロを使用しています。 どうぞ宜しくお願い致します。  Kさんより
A
しっかり調査されたという事ですよね?最後の望みで、会場の違いやオーケストレーションの違いで負に作用したという事でも無ければやはり吹き方の問題かもしれません。今お聞きしたメーカーで、あなたの楽器が特に鳴らないと言う事は無い様に思います。内向きという事は考えられるかも知れません。少し外に集めてみるのも良いかもしれません。又は、角度が内側でも歌口の穴を広く取ってたっぷり吹くと響いて来るかもしれません。内側で歌口を塞ぎ過ぎて息のスピードが速すぎると、ホールを響かせるのが難しいかもしれません。あと、音程が低く潜り過ぎるのも聞こえない原因の可能性もあります。
 (相澤政宏)
ピッコロの吹き方はフルートと全く同じです。ということはあなたの音色と音量はフルートを吹いている時も客席では聴こえていないのではないだろうか?歌口の3分の1を下唇でふさぎ、3分の2は穴が見えていなくてはならない。これはピッコロでも基本はいっしょ。ピッコロとフルートの違いはさじ加減です。
 (神田寛明)



Q
神田さん、大大大っファンです!!!!! 前から気になっていたんですが、編曲するオーケストラ作品はどのような基準で選んでいらっしゃるんでしょうか? あと、わたしは高校の吹部で卒業式に演奏するために自分の学校の校歌を編曲したのがきっかけでシュミで編曲をはじめたんですが、「これだけはやっとけ!」とか「これは勉強しとくといいぞ!」とかいうことはありますか? Mさんより
A
(クールに)いつも応援ありがとう。選ぶ基準はただ二つ、カンダの好きな物(他のメンバーには迷惑?)か企画物。2010年はシューマンの生誕200年だったので「こどもの情景」を、今年はリストの生誕200年だから「ハンガリー・ラプソディー」をやるぞ!これまでの編曲作品をみてみるとカンダの好みは、割と子供っぽいということがわかるのでは?それと、フルートに置き換えた時に効果的でない物は避ける。打楽器が活躍する物とか和声が複雑な物などね。カンダもいわば独学でやって来たので、キミも好きな物をどんどん編曲してくれ。ブラームスやチャイコフスキーなど和声の基本がしっかりしている物をやってみてはいかがだろう。
 (神田寛明)



Q
神田さんのCD「Mozart OPERA Duo」が好きでよく聴かせて頂いております^^ 歌劇「ドン・ジョウ”ァンニ」より第3曲 窓べにいでよ、をCDのように素敵に吹奏できるようになるのが夢です♪ ・・・なのですが、この曲に限らずフルートのスタッカートがどうしてもできません。。。。本人は切ったつもりでも録音を聞くと切れていません。ぼーぼーとした音です。そこが気になって力むと余計に汚い音になり、次の音だしが遅れてしまいます。習得法を教えてください。  Fさんより
A
タンギング時に口や口の中、口の周りの筋肉が必要以上に動いていませんか? 僕は、普段は唇の周りの筋肉は柔軟な方が良いとは思いますが、ハッキリ発音したい時は口を動かさない方が良いと考えます。(舌だけ動かす)
 (相澤政宏)
これもタンギング無しで「ハッ、ハッ、ハッ」の練習方法が過去の回答集にあると思うので探して下され。キレイなスタッカートは息によって作られます。ベロは補助の役割にすぎません。
 (神田寛明)



Q
はじめまして。フルート暦はずい分になります。 今、アンサンブルコンテストに向けて、八木澤教司作曲の「風の戯れ」の4番フルートを吹いています。この曲の4番フルートは、2楽章からアルトフルートに持ち替えになっており、アルトフルートの音域が中音域?高音域が主な音域になっています。このアルトフルートを演奏する時に、思うように強い発音ができません。特に2オクターブ目の“ミ”(実音H)の音は裏返りそうになるか、低音が混ざった濁った音になります。アパチュアを大きくしたり小さくしたり、歌口の角度も色々変えたりと、試行錯誤の最中です。 アルトフルートでアクセントの付いた音を、ハッキリと発音するコツは、ありますか?  Fさんより
A
口の中の容積を少し広く取ってみてはいかがですか?そして、歌口と唇の近くを意識しすぎずに、体全体の筒を響かせる様なイメージで。大太鼓の胴やチェロの箱の中を響かせるイメージです。
 (相澤政宏)
第2オクターブのミ(実音シ)はひっくり返りやすい音。disトリルキー(薬指)を一緒に押すとよい。全部押すと「パカーん」とした音色になるので、さじ加減を工夫しておくれ。アルト、バスは替え指を自分で開発しなければならない(特に第3オクターブ)太く、硬すぎない息をイメージして。タンギング無しで「ハッ、ハッ、ハッ」の練習方法が過去の回答集にあると思うので探して下され。
 (神田寛明)









メ−ル 4flutes@mail.goo.ne.jp


Copyright(C) 2004-2009 THE FLUTE QUARTET. All Rights Reserved.