The Flute Quartet (ザ・フルートカルテット)
プロフィール





御挨拶
   拝啓 陽春の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
このたび柴田勲が日本フィルハーモニー交響楽団を退団し、活動の拠点を岡山に移すこととなりました。
これに伴いTHE FLUTE QUARTETはしばらくの間活動を休止いたします。  1997年の結成以来22年間にわたり多くの皆様に御支援いただきましたこと、メンバー一同深く感謝申し上げます。
THE FLUTE QUARTETは解散しません。いつの日か皆様に再度お目にかかれることを目指し、その日に備えたいと思います。
今後とも変わらぬご厚情を賜りますことをお願い申し上げます。
2019年4月
THE FLUTE QUARTET
相澤政宏 神田寛明 斎藤和志 柴田勲








 
雑誌:「ザ・フルート」2014年10月号
アルソ出版より
表紙とインタビューの記事が掲載していただきました。 




 2014年8月27日発売
オクタヴィア・レコード OVCC-00108
2014年録音 ステレオ
\3,000
 
カステレード: 笛吹きの休日
ラウバー: コルシカ島の幻影 作品54
シャカリアン: フルート四重奏曲
ドビュッシー: 2つのアラベスク[神田寛明:編]
グリンカ: 歌劇 「ルスランとリュドミラ」序曲[神田寛明:編]
三浦真理: ファンタスティック・モネ








   N響、東響、日本フィルといった日本のトップフルーティストによるアンサンブル、その名を「ザ・フルートカルテット」。07年結成10周年を迎え、さらにアンサンブルとして飛躍しようとしています。まず、新メンバーとして東京フィルの首席奏者の斎藤和志が加入しました。東京フィルでいつも華麗なテクニックで聴衆を魅了している斎藤が、新たに「ザ・フルートカルテット」に、サウンドの幅を与えています。さらにこのアルバムのタイトルとなっている「さえずり鳥ブログ」は日本を代表する作曲家の吉松隆による書き下ろし作品です。結成10周年の当アンサンブルのために書かれました。そのタイトルとおり仮想空間の森の奥でひたすら鳥たちがピーチクパーチクとさえずります。また、アンサンブルコンテストなどでもよく演奏されるシュミットやデュポワ。さらにファンにはおなじみの神田寛明編曲のクラシックの名曲たち。10周年という節目の年の集大成ともいえるアルバムの登場です。
この先さらに飛躍を続ける「ザ・フルートカルテット」をお楽しみください。[コメント提供;オクタヴィア・レコード]





     








メ−ル 4flutes@mail.goo.ne.jp


Copyright(C) 2004-2009 THE FLUTE QUARTET. All Rights Reserved.